料金体系

コピー機のリースをするなら、料金体系について確認することも大切なポイントです。料金体系を知らなければ、コピー機選びに苦労することになります。まず、コピー機をリースする場合に、考えなければならないのが、本体料金になっています。これは、本体料金という名前の通り、コピー機本体に発生する料金であって、リースというのは、コピー機の本体の料金を分割して支払う契約になります。

女性さらに、2つめに考えておかなければならないのが、保守料金です。保守契約を結んだ際の料金なのですが、リース契約は、あくまでも本体に対する料金ですので、安心してコピー機を利用するためには、別に保守契約が必要になってくるのです。

これは、メンテナンスや消耗品の交換に対する料金でもあります。リース料金と保守料金を一緒にして考えてしまう場合が多いので、十分に注意したいところです。業務用としてコピー機を利用するのならば、保守料金を含めての契約が当たり前になってくるので、これからコピー機のリースを考えているのならば、まずは料金体系について把握しておきましょう。リースはランニングコストが高くなりがちですので、事前にしっかりと予算を把握しておくことが大切です。続いては、リースとレンタルの違いについて説明します。