リースとレンタル

コピー機コピー機のレンタルとリースを比較しておくことは、リースのメリットを知るのに役立ちます。レンタルとリースを比較して、まず気になるのが契約期間の違いです。リースは数年というように長い期間借りるものになります。しかし、レンタルの場合は、数カ月程度から契約することができるので、短期ならレンタル、長期ならリースと使い分けることができるのです。レンタルとリースを比較する場合に、この契約期間の違いが大きなポイントになってきます。

例えば、業務でコピー機を利用する期間が短く、一定の期間だけ使いたいというような場合にはレンタルが向いています。逆に、使用頻度が高い場合や、長期間利用したい場合は、リースの方がおすすめになっています。リースの場合には、最新の機能を備えた新しい商品を選択することも可能です。

また、リースとレンタルでは、契約内容に違いが見受けられ、レンタルの場合は途中で解約することも認められています。しかし、リースの場合は、基本的には途中での解約ができません。さらに、レンタルは利用に審査が発生しないなどのメリットもあるので、信用力がまだ低い会社が利用する際には役立つでしょう。このようにコピー機のレンタルとリースでは、たくさんの違いがあることがわかります。